他人をできるだけ気にしない生き方を目指しましょう

たいていの人は幸せな人生を送りたいと思っているでしょう。

周囲の人は自分より幸福に見えるので、自分もそうなりたいと願ってしまうのは、人間の本能といっても過言ではありません。

しかし、そのような気持ちでいる限り、安息の日々が訪れることはありません。

なぜなら、他人と自分を比較しているかぎり、そこには無意識の競争が常に存在しているからです。

言い換えると、相対評価の視点で過ごしていると、必ず劣等感を抱くことになってしまいます。

それを避けたいなら、他人を気にしない生き方が必要になります。

男性

比較で変わりやすい満足度

とはいえ、周囲を度外視して人生を送るのは簡単ではありません。

人間は集団生活を基本とする生き物であるため、自分だけに注目し続けることは不可能だからです。

それどころか、どのような思考をするときも他との比較がベースになっています。

たとえば、テストが返ってきたときに70点だったら満足できない人は多いでしょう。

それどころか、悪い結果だと感じて落ち込んでしまう人もいるはずです。

しかし、そのテストの平均点が30点だと分かったら、この認識は一変することになります。

平均点より40点も上なので、自分は優秀だと感じることが一般的です。

30点分のミスがある事実は変わらないのに、急に満足度が高くなります。

もし自分の点数だけに着目していたなら、このような変化は起こるわけがありません。

起業シード

他人をできるだけ気にしないようにする

このように、他人を気にしたとたん、それが自分の幸せを左右する要因になります。

こう言われると、他人をきにせずに生きる方法をマスターしたいと感じるでしょう。

しかし、それは一朝一夕で成し遂げられることではありません。

雑念を払って無我の境地に達するほどの修行が必要になります。

ただし、これはあくまでも完璧を目指す場合の話です。

ある程度の完成度で良いなら今すぐにでもチャレンジできます。

最も簡単なのは自分を舞台の役者だと考えることです。

そして、もう一人の自分は舞台下からその劇を鑑賞しています。

下にいる自分は舞台の自分の大ファンで、他の人は一切目に入りません。

起業シード

客観的な目を持つことで動じない生き方を

このように、自分を一歩離れたところから客観的に注目するイメージを持ってください。

あえて主観的な視点から逃れることで、自分だけにスポットライトを当てられるというわけです。

最初は難しいかもしれませんが、繰り返しているうちに他人があまり気にならなくなっていきます。

周りのせいで心がざわめきたつ現象を防ぎやすくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました