生き方を選択するのはあなた!他人が決めるのではない

生き方は、人生というレールの上を走る中で決まっているように思いがちですが、実は自分で選択することができます。

つまり他人に決められるものではなく、ましてや既に他人によってレールが敷かれているわけでもないです。

大切なのは人生は常に自由であって、自分自身に決める選択肢があることです。

そして生き方を選ぶからには自分で責任を負い、後悔しないようにすることが大切です。

生き方というのは実に曖昧ですし、明日も今日と同じく何事もなく訪れる保証はないわけです。

例えば明日地球が滅亡する可能性もゼロではないので、明日後悔しない選択をすることをおすすめします。

男性

後悔しないような生き方を

後悔はいつの時代も普遍的ですし、大抵は気がついた時には手遅れだったりします。

その為、言いたいことや伝えたいことはなるべく早く、できれば今日の内に伝えるのがベストです。

もしやりたいことや進みたい道があるのなら、それを言葉に出して道を決めることが大事です。

成人している大人なら誰に断る理由もありませんし、学生であっても親に夢や希望を言っても良いです。

その結果、周りから反対されるようなことがあっても、自分で選択した生き方なら後悔しないはずです。

いずれにしてもやりたいこと、進みたい道があるにも関わらず、いつまでも口に出さず行動に移さないのは勿体ないです。

というのも、人生には限りがあっていつ終わるか分かりませんから、有限の時間を有効活用することが大切だといえるでしょう。

若い内は確かに可能性が広いですし、生まれた直後であれば無限の可能性と言っても過言ではないです。

起業シード

年齢が上がるにつれて選択肢は狭まっていく

ところが、時間の経過と共に年齢が上がるにつれて選択肢は少しずつ狭まり、やがてやりたくてもできないことが増えてきます。

だからこそ生き方は自分で決められることに早く気がつき、自ら選ぶ人生を歩み始めることが重要です。

あえて選ばない人生もあるでしょうが、それは楽なようで決して楽ではなく、自分の思いや考えと別の人生だとただ苦しくなってしまいます。

最後の最後に良い人生だったと言って終えられるのが一番ですが、全てが思った通りにならないとしても、やはり自分で決めて道を歩む人生であれば後悔は少なく済むはずです。

現代は恐らく人類史の中で最も人生を選べる時代で、日本という安全で恵まれた国なら、どのような希望を口にしても許されます。

それを当たり前のように感じるのは残念なことですし、選べるのに選ばずにただ進むだけの人生よりも、間違えても選びながら進む方が断然楽しいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました