特別なアイデアが最初から無くても起業はできます

規模が小さい・初期投資を極限まで抑えることができるビジネスのことをスモールビジネスなどと呼びます。

起業したいとき、初期投資に多くの費用を投じて失敗してしまうとそのお金は捨てるのことになると思い、中々チャレンジできずにいる人も多いのではないでしょうか。

その点、スモールビジネスは少ない初期費用で起業を行うことができるものなので、比較的気軽に始めることができるでしょう。

男性

アイデアは仕事の中から見つかる

好きだからやる、興味があるのでチャレンジしてみたい、これらはいずれもスモールビジネスを始める際に非常に重要なファクターになるものです。

起業と聞くと特別なアイデアがないので無理なのではないか、このような弱気になってしまうケースもあるかと思いますが、とりあえず始めてみないとわからないことがあります。

他と差別化できるようなアイデアは、仕事をやっていかないとなかなか見つけづらいです。

自分の仕事の情報を発信しつつ、市場調査などを行うといいでしょう。

市場の調査を行うときには、その市場の規模を調べて競合の有無や規模、自分自身にとっての優位性やリスクなどを調査するのが一般的なやり方です。

これなら、起業したいけれどもアイデアがないので自分には無理などと考える必要がありませんし、調べてみた結果で分が悪かったりリスクが多いなどのことがわかれば方法を変えたり、別のビジネスに切り替えたりすることもできます。

起業シード

小さいなりの良さを活かす

優位性については、小さいことが有利という側面もあるので、単純に大きいか小さいかで比較しないようにしましょう。

近年、スモールビジネスを始めようとする人が増えている関係からも、どのような業界にも類似しているようなサービスを提供している会社は多数存在しています。

他社がしているからもう参入できないのではなく、どこに違いを持たせるかを考えていくといいでしょう。

ちなみに、大手企業やチェーン展開を行っているような業界には勝つことは難しいけれども、顧客やニーズに合った形で小回りを利かせることができるスモールビジネスは差別化を図ることで儲けを作り出せすことができます。

また、特定の経験を持つ人などの場合、その経験を活かせるスモールビジネスにチャレンジするのも一つの方法です。

英会話が得意な人などは英会話講師なども起業のチャンスに繋がるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました