スキルは起業してから磨けばいい

起業したいと思っても、なかなか会社を立ち上げられないという方は多いと思います。

自分には起業できるようなスキルがないと感じているからです。

一般的に起業してやっていける人は、その道のプロフェッショナルともいえます。

例えば、ものづくりをする場合でも誰もができるような仕事内容で誰もができるような結果を出していては思ったような結果を出すことができません。

これに対して、人よりも優れたスキルがあれば起業して成功する可能性は高まります。

もちろんそれだけで成功するわけではありませんが、他の人より優れたスキルがある事は成功するための第一条件といえます。

スキル

スキルは後から伸ばせば良い

スキルに関しては、起業した後で伸ばすことも可能です。

プロの人と比較してしまうかもしれませんが、必ずしもプロと呼ばれるスキルが最初から必要であるとは限りません。

それより重要になるのは、そのスキルが必要とされる仕事が好きであったり、興味があることです。

興味がなければ、努力することもないですし、スキルが伸びていくこともあまりないでしょう。

しかし、興味があれば自然と勉強などを行うので、努力しているという感覚も少なく、スキルを伸ばしていくことも出来ると思います。

最初はスキルが低いと感じていても、少しずつ身に付けていけば高まるものです。

それによって、出来る仕事の幅も広がってくるでしょう。それがやがて、プロと呼ばれるようになるかもしれません。

最初からスキルのある、なしで考えると起業することが難しくなってくるので、できることから少しずつスキルを伸ばしていくようにするといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました