起業はまずはスモールビジネスから始めよう

ビジネスをやろうとするとき、色々な準備をして行く中で手続きが必要になったり費用が多くかかるなどを知り断念してしまう、このような人も多いのではないでしょうか。

副業とは異なりビジネス=事業を始めるためには、手順をしっかり理解しておくこと入念な計画が求められるなど簡単ではないといった考えを持つ人も多いようです。

副業の場合は、別に本業があるので失敗したとしてもそれほどリスクが大きなものではありませんよね。

会社勤めをしながら休日などの限られた時間の中でお小遣い稼ぎをする、稼げなくなったとしても本業の収入があるわけですから生活に支障をきたしてしまうなどがないわけです。

スモールビジネス

スモールビジネスから始める

しかし、起業も副業と同じように、会社に勤めながらリスクを抑えて開業することもできます。

そのために、大きな事業を最初から行うのではなく、起業する際はスモールビジネスを考えては如何でしょうか。

スモールビジネスとは、ビジネスは小規模であると同時に少ない資金で始めることができる事業全般を指すものです。

具体的な定義はないのですが、ノマドワーカーやフリーランスなどはこのスモールビジネスに含まれる傾向が強いようです。

初期投資をかけることなく始められる、やりがいを感じることができる、そして場所や時間を選ばないなどのメリットがあります。

また、会社に居ながら、起業することもできるでしょう。

起業シード

やりがいのある仕事を

起業で選択するときのポイントはやりがいのある事業や経験を活かせる事業などがあり、これらに着目を行って仕事を選ぶことをおすすめします。

やりがいを感じられる仕事は、今までずっとやってみたかったことや人の反応が直接戻って来るものなど、自らの考えの中でやりがいがあるものを見つけるようにします。

壁にぶつかってしまったとしても、やっていて楽しい仕事は何とかその壁を乗り越えるためのモチベーションがあるので長続きするのではないでしょうか。

起業シード

経験を起業に活かす

経験を活かすことができるか否か、これもスモールビジネスにおいて重要なポイントになる部分です。

多くの起業家の人々は、その時代に流行しているものや人気を集めているものにチャレンジしようとするけれども、このような仕事をやっても一時儲けを得ることはできても参入する人の数が増えて来ると状況は一変してしまうこともゼロではありません。

長期的な視点で物事をとられることや自らにアドバンテージがある分野を探すなど、経験は最大な武器になるものですからゼロから始めるよりも有利です。

経験といっても仕事上のスキルだけではなく、自分が好きなことや得意なことも含まれるので、その点を活かしていくといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました