生き方、価値観、幸せは自分が決めたらいい!

特に何も意識しなくても日常生活を送ることは可能ですが、自分の価値観をどれだけ把握、理解できているのかにより、幸せの度合いまでもが大きく変わってくると言えるでしょう。

周りから評価されているけれどもなぜか自分では満たされない、毎日がつまらなく人生が楽しくないというような思いを抱えている場合には、価値観に解決のヒントがある可能性があります。

ひらめき

情報があふれている社会

とはいえ自分の内側から湧き上がってくるものであるため、価値観を知るためには自分と対話をしなければなりません。

しかし現代の世の中ではインターネットやSNS等でテレビなど様々な情報が溢れていて、他人が発信している情報の中を必死に生きているとも言えるでしょう。

なかなか自分に対し目を向ける機会もなくなっているのが現状です。

さらには広告をはじめとし、テレビなど様々な情報が溢れていて、自分のもとに入ってくる情報は興味をどんどん刺激してくることから、ぼんやりしているとどんどん時間を奪われてしまうでしょう。

そうすると、自分のことを振り返る余裕もないまま、他人が発信する情報に振り回されて、生きづらさを感じている人も見られます。

つまり高度にITが発達したことが、一つの原因とも言えるでしょう。

起業シード

子供の頃のように素直に自分と向き合う

このような世の中でどうやって様々な情報に惑わされることなく自分の価値観に基づいて行動できるのかというと、子供のように考えることを意識してみましょう。

子供を見ると自分の思いに正直と言えます。嫌なことには見向きもせず、好きなことにとことん熱中していることでしょう。

しかし大人の場合には、好きなことばかりやっていられるわけではありません。

やりたくないけれどもやらなければならないことがたくさんあるのです。

これは生きる上では必要ですが、日々を過ごすことで自分が本当にやりたいことは何なのかが分からなくなってしまいます。

心の声に素直になり、やりたいと思えることを一つでも良いので多く行ってみることが大切です。

起業シード

価値観や生き方、幸せは自分で決めよう

さらには日常生活の中で、価値を意識できるような仕組みを組み込むことができればなお良いと言えるでしょう。

どのような人にも必ず価値観はあり、意識するのかしないのかに関わらず、自分の思考や行動パターンの随所に現れるものです。

言葉にしたらそれを意識して計画したり行動してみる、そして時には振り返り見直すことが重要です。

他人の言葉や言動などに惑わされるのではなく、もしも迷った場合には、自分の生き方は自分のものであり、幸せは自分で決めるということを常に意識することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました