稼げることだけ考える起業は注意が必要!

日本人の多くは、お金に執着がなくなっていると言う人もいますが、そうでない人も少なくありません。

やはりお金があった方が自由になるため、そのような生き方を目指している人がいます。

会社員になった人は、その会社で出世をしたとしても稼げる金額には限度があります。

そのような場合には、会社員を辞めて起業した方が良いでしょう。

注意

しかし、儲かることばかり考えると楽しくない

会社を立ち上げる場合には、とにかく儲かる仕事を考えるかもしれません。

確かに仕事をする以上儲からなければ意味がないとも言えます。

しかし、儲かる事ばかりを考えていると本当に大事なことを見失ってしまう可能性があるわけです。

それは、楽しく仕事をすることです。

例えば、自分にとって興味がない仕事でも少しお金が儲かるからといってそのような仕事を始める人もいるでしょう。

もちろんその考え方が悪いわけではありませんが、最初の頃はよくても行き詰まったときに辛くなってきます。

つまり、お金の稼ぎが悪くなったときに何のために自分は会社を立ち上げたのかと疑問に思うようになるはずです。

そして一度疑問に思ってしまうとずっとその思いが頭から離れなくなってしまうものです。

起業シード

楽しいことをしてお金を得る

では、稼げるよりも楽しい仕事を見つけるにはどうしたら良いかと言えば、やはり自分が楽しいことを明確にすることです。

人間は、自分が楽しいと感じている事を意識しているかもしれませんがそれだけでは不十分といえます。

なぜなら、楽しいだけでは仕事になったとしても生活をすることができるレベルまでお金を得ることが難しいからです。

例えば、極端な話になりますがテレビゲームが好きな人がいたとします。

それを趣味として毎日のようにやっていたとしてもそれだけしていたら、自然と仕事になるケースは滅多にありません。

もちろん中には、プロのゲーマーと言われる人たちもいますので絶対にゲームで生計を立てることができないわけではありません。

また、収益化できるようにゲームをすれば、仕事にすることができるでしょう。

なので、楽しい事の中でも、同時にお金になることを見つけましょう。

このように述べると多くの人は、そのような事は全く思い浮かばないと投げやりになってしまうかもしれません。

しかし、考えてみれば世の中で成功している人の多くは本当に好きなことを仕事にしている人です。

そして、誰にでもそのような仕事は存在していると思います。

仕事と考えるとわかりにくければ、自分の好きなことで人が喜ぶ事は何かを見つけてみましょう。

基本的に人が喜ぶことをすれば、その人からお金をもらうことができます。そうすると、会社を立ち上げた場合でも仕事として成立する可能性が高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました